ミネラルの主な働き−栄養素ミネラル辞典!
栄養素ミネラル辞典
ミネラルの主な働き


 私たちの生命活動は、口から取り入れた栄養素が様々な過程を経て身体を構成する約60兆個の細胞で吸収することで維持されます。
 ミネラルは、この代謝機能にかかわる酵素を活性化しています。また、ビタミンとミネラルは、共同で機能維持の働きをしています。
 大きな違いは、ビタミンが炭素・水素・酸素などからできている有機化合物質であるのに対しミネラルは無機質である点です。共通点は、ともに体内で合成することができないため(一部ビタミンは合成可)常に摂取していないと不足がちになる点です。
 ビタミンはミネラルが不足していると効果を発揮することができず体外に排出されます。私たちの身体は約pH7.3の弱アルカリ性が良好な状態で、身体を酸性に傾ける物質が入ったときにミネラルは中和する働きをします。
 細胞は、細胞膜を通して外部の栄養素を取り入れ、内部の不要物を排泄しています。 この作用を正常に保つために、ミネラルは細胞内液と外液のバランスを調整します。


HOMEへ戻る

Copyright(C) 2008
栄養素ミネラル辞典!
All Rights Reserved.